Utopia

ゲーマーがコスプレして自転車に乗る

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蓋が閉められる、その前に





実は先月末に職場関係で不幸がありまして、しばらくバタバタしておりました。


まだ小さな命でしたが、それがもたらしてくれたすべては、失ってから気付くんだなぁと。
彼は、はじめて受け持った子どもたちのうちの一人でした。

私は悲しい場所に行くとダイレクトに体調にくるタイプで、はじめてのそういった現場で体調を崩して以降、たとえ近しい親族の時であってもそういう場所は避けてきました。
色々寄ってきちゃうんじゃない?と周りには言われたこともありますが、そういうのまったくわからないので、実際はどうだか…
今回は仕事でしたので行かざるを得ない状況でしたが、そこまで体調不良になることもなく、きちんとお別れしてくることができました。
子を亡くした母の姿というものを目の当たりにして、自分の体調どうこうの話ではなかったからかもしれません。
棺を閉められる間際の、母の悲痛な叫びは、きっと一生忘れることはできません。
さみしくなりますが、彼の死を、今を生きる子どもたちの糧としてどう生かせるかが、私の仕事です。

知らせを聞いて以来、本を読んだ時などにそこから受ける感覚に少し変化がありました。
ほんとうの死を知っている人の作品は重くて真実味があるな、と。
今までは創作上の死はただ美しいだけでした。
最近は重みを感じます。
育ての祖父を亡くした時には、自分が子どもだったこともありいっぱいいっぱいでしたが、なるほど、死を知るということは、客観的に死を見ることができてはじめてわかることなのだと思いました。

あとひとつ気付いたことは、私は映画や本ではすぐ泣けるタイプですが、現実では泣けないタイプのようだということです。
現実で泣くとマスカラでパンダになりますから、まあ意地でも泣けないわけですが…

私なりに色々考えまして、たくさんのことに気付かされました。
彼の生きた十年間を意味のあるものにしていくために、また遺族の支えになれるようにしていかなければと、まだ具体的にどうしようというものはまだありませんが、ぼんやりと心に思うのでした。
スポンサーサイト

| 思考 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

no title

母から、「原発は覚悟してる、こっちのライフラインは大丈夫だから、東京の地震に備えよ」ってメールがきた…

涙がとまらない

覚悟なんてしてほしくない

こっちの心配なんていらないから


メール苦手な母が、電波ない中頑張って送ってくれたのに



はやくあれをなんとかして
おねがい…

| 思考 | 16:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

非公開。にしたいけどどこかに書きたい。どうしても。

ここに書くようなことじゃないけど、ボイスにすると見た人が不安になると思うので。
吐き出したいだけだから、不安になる人は見ないでー(>_<)
















もう、いきつら…(ρ_;)
連絡取りたい人にまったく連絡つかない…
たぶん他の地元市近辺に住んでる人は大丈夫だと思うから、もう少し待ってまだ連絡なければ連絡してみるとして…
被災地真っ只中で一切連絡つかない人とか、停電でニュースが入ってこない人のために最低限のニュース流してるけど、ちゃんと見れてるか不安…
携帯の充電はソーラーとか充電池使って頑張ってるようだけど…

あと、1度連絡あったきり、家族の様子がわからない…
余震も続いてるし、今の我が家は老人だけだから、何かあった時が心配。
幸い沿岸でも原発付近でもないからまだいいとして…

わあぁもう深く考えるのやめよう!!
これだから実家離れるのは嫌なんだ…!!

| 思考 | 20:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気づけばいつも朝

あれ、えっと、私生きて帰れない気がしてきた?

逃げ場がない\(^O^)/

いや、大丈夫、ちょっと疲れてるだけで、ちゃんとエネルギー補充するから!

目が覚めたらマシュマロ買ってこよう…。
私の癒しアイテムマシュマロ。
食べると気力が1回復します←






ミヅキ セッカ
Lv.3
HP 35/60
MP -10/30

たたかう
まほう
→ねむる
どうぐ
にげる

| 思考 | 03:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わたしパラノイア

最近残念なことが多すぎてどうも気分が落ち込む。
いつもは自分で考えて自分で頭の整理をするんだけど、今はもう処理可能な範囲を越えちゃってる気がする。
答えが見つからないー!!

いや、どうするべきかはわかってるんだけど、そうしたくないという気持ちともう楽になりたいって気持ちがごっつんこしてる。

自分の中で左右の天秤が同じくらいのバランスの時、そのバランスを変えてくれる人がいないという現実にゾッとする。
話を聞いて心の平安を保つのを助けてくれる人はたくさんいるけど、アドバイスや自分なりの意見をくれる人って身の回りに殆どいないなって思う。

普通は家族がそうなんだと思うんだけど、我が家では意見をくれない。
その代わり大抵のことには何も言わないけど。

よく考えると、そのポジションっていつもなら私なんだよな。
だから自力で解決できないとお手上げなんだ。
あー滑稽だなあ。

愚痴を聞いてほしい時、後押ししてほしい時に相談する人はいても、どうしたらいい?って聞いて答えてくれる人は希少だな。
少なくとも私の身の回りには。

あとの問題は、相談できる相手がいたとして、私は感情が高まると涙が止まらなくなるのでその顔は容易に晒せないwww
特に外では。

感情の種類は喜怒哀楽関係ないみたいで、ただ音楽がイイとか盛り上がるシーンだったとかで涙出そうになる。
プリキュアの変身シーンにはいつも困らせられてます。←


あれですね、私の理想の人は泣いてもいいよと優しく言ってくれる沖田さん(Vo.祥ちゃん)のような人ってことですね!!!
もしくはぼろっぼろの泣き顔もかわいいと思ってくれる神子には盲目な白龍(Vo.置鮎さん)ですね。



どうも遊び足りてないみたいなので、今月と来月あたり手持ちの衣装を出す機会増やそうかな…。

| 思考 | 01:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT